ゲストハウスウェディング(ブライダル)って?メリット・デメリットや魅力を紹介!

結婚式の挙げ方としていわゆる結婚式場やホテルを利用するのが一般的ですが、だんだんとゲストハウスウェディング、あるいはゲストハウスブライダルと言われる方法が注目を浴びるようになっています。

ゲストハウスウェディングとは一体どのような特徴がある結婚式の挙げ方なのでしょうか。

そのメリットやデメリットも詳しく確認しておきましょう。

ゲストハウスウェディングとは?

ウェディング

ゲストハウスウェディングとはゲストハウスを式場として結婚式を挙げる方法です。

ホテルを使用するホテルウェディングと対照するときにはハウスウェディングという言い方もする結婚式の方法で、プライベート感のある空間で式を挙げられるのが特徴です。

ゲストハウスの意味にも色々ありますが、もともとは客人を迎え入れるための施設を指していました。

その一つとして、ヨーロッパを中心として富豪層が家族や使用人だけでなく客人まで広く収容できる邸宅を建てていたことがあります。

その歴史を模倣して欧風の建築で邸宅が札幌を代表とする全国各地に建てられ、様々な形で運用されているのが現状です。

そのゲストハウスを借りてウェディングを挙げるのがゲストハウスウェディングとして知られ、注目を浴びるようになっています。

ゲストハウスウェディングの準備

ウェディングの準備

ゲストハウスウェディングをしたいときに必要な準備は一般的な結婚式場で挙式するのとそれほど大きな違いはありません。

まずは結婚式を挙げるのに使用できるゲストハウスを探して訪問し、式場にしたいゲストハウスの予約をします。

必ずしもウェディングのためだけに使用されているわけではないので、立地が良くて美しいデザインのゲストハウスの場合には予約が殺到することもあるので早めに予約をするのが大切です。

ゲストハウスウェディングは結婚式場での挙式と違ってウェディングプランナーに担当してもらうことはできず、必要であればフリーのウェディングプランナーやウェディングプロデュース会社に依頼して準備を手伝ってもらう必要があります。

 

ゲストハウスを貸し切りにして結婚式を挙げることになり、一日の流れは新郎新婦が自由にプランを立てることができます。

一般的な流れとしては朝にゲストハウスに新郎新婦とヘルパーになる友人が到着し、会場の設営と身支度を行います。

そして、挙式をしてから披露宴を行い、さらに二次会へというのがよくあるパターンです。

ゲストハウスの内部も外も自由に飾りをつけてデザインでき、場所によってはプールなどもあるので多様な演出ができるでしょう。

 

結婚式を挙げるのをどこにするかも決めることになりますが、チャペルが併設されているところならチャペル式での挙式をしやすいでしょう。

人前式や神前式など、他の方法の場合にも一室を上手に設えてしまえば問題ありません。

また、料理についても専属のレストランがあるわけではないのでウェディングプランナーに紹介してもらうか、周辺の飲食店のケータリングを手配することになります。

このような会場準備に加え、ウェディングドレスのレンタルや着付けとメイクの依頼、招待状の作成と送付、そして招待客のゲストハウスへのアクセス手段の手配といった準備をすることで当日を迎えられるようになります。

ゲストハウスウェディングのメリット

メリット

ゲストハウスウェディングは通常の結婚式場を使う場合と比べてどのようなメリットがあるのでしょうか。

代表的な3つのメリットを確認しておきましょう。

施設を貸し切りにできる

ゲストハウスウェディングの場合には邸宅を一軒丸ごと貸し切りにすることができるのが特徴です。

一般的な結婚式場では一日に何組ものカップルが挙式するのが通例で、式場の廊下などでは全く関係ない人たちと顔を合わせることになります。

運が悪い場合には新郎新婦あるいは招待客の誰かが知人の結婚式も行われている式場に来てしまうようなケースもあるでしょう。

ゲストハウスウェディングの場合には一日一組というのが基本なのでこのような心配はありません。

また、廊下も屋外も自分たちだけが使用するものなのでどんな演出をするのに使っても大丈夫です。

演出にこだわりたいカップルにとっては特に魅力が大きい部分でしょう。

ウェディング専用になっていないゲストハウスなら二日間借りて前日に会場準備をしておくといった工夫もできるので、予算さえ問題なければ大掛かりな演出をして招待客を楽しませることもできます。

個性的でアットホームな雰囲気

ゲストハウスは同じ雰囲気のものは二つはないと言えるほど個性的でオリジナリティーの高いものが多くなっています。

新郎新婦の二人で考えてこれが自分たちに合っているというものを選び出し、さらに二人で練りに練った飾り付けをしていけば式場だけ見ても唯一無二のものに仕上げられるでしょう。

基本的にはどのゲストハウスも欧風の邸宅をイメージした造りになっているので非日常感がありますが、あくまで居住用というコンセプトで建てられたものがほとんどなのでアットホームな雰囲気を持っているのも特徴です。

普段は感じられないような贅沢な気持ちを心に抱きつつ、プライベートな空間で参列者全員が和めるような結婚式に仕上げることができます。

都会の忙しさを忘れて終始ゆっくりとした時間の流れに身を包むといった考え方で結婚式を挙げたいというときにはうってつけの方法でしょう。

自由度が高い

ゲストハウスウェディングのメリットとして多くの人が納得するのが自由度が高いことです。

設備や道具の持ち込みをしたり、希望する業者から衣装のレンタルをしたりすることができ、料理も希望するレストランなどから手配することができます。

一般的な結婚式場では提携先からしか手配できないなどの束縛があったり、持ち込みには追加料金がかかったりする場合もありますが、その心配は一切ありません。

演出に関しても全面を利用できるのでやりがいがあります。

また、どの部屋をどんな目的で使うかも自由で、上等な部屋を両親のために用意してくつろいでもらうのも一興でしょう。

また、披露宴の場所もダイニングではなく外にすることも可能で、着席して落ち着いた雰囲気で進めることも、立食形式でコミュニケーションを促すこともできます。

屋外で挙式といったスタイルにするという選択肢もあるので、ゲストハウスウェディングを選べば発想力を生かして希望する結婚式を作り上げられるでしょう。

ゲストハウスウェディングのデメリット

デメリット

ゲストハウスウェディングにはメリットも多いものの、問題とされ得る点もないわけではありません。

どんな点がデメリットと感じられてしまいやすいのかを知っておきましょう。

カジュアルになりやすい

アットホームな雰囲気なのはゲストハウスウェディングのメリットではあるものの、考え方によってはフォーマルではないということもできます。

気の知れた仲間同士で結婚式を盛り立てたいという希望がある場合には向いていますが、格式の高い挙式を望んでいる場合にはあまり適していません。

これは新郎新婦だけでなくその家族や親戚の意向も考慮した方が良い点で、上の世代の人ほど格式を気にすることがあります。

カジュアルな雰囲気であっても高級感や特別感を醸し出すことは可能なので、格式を気にする参加者がいる場合にはゲストハウス選びのときに慎重になるのも良いでしょう。

貴族が住むような高級感のあるゲストハウスもあるため、演出も少し工夫をすればアットホームながらもフォーマルさも兼ね備えた式に仕上げられる可能性は十分にあります。

ウェディング専用施設ではない

ゲストハウスウェディングの問題点としてしばしば挙げられるのが設備不足です。

もともと居住用の邸宅として建てられたものであって、ウェディング専用に用意されて結婚式場とはかなり違いがあります。

控え室の数を確保できない、披露宴をするのにちょうど良い広さの部屋がない、廊下が狭くて窮屈感があることが否めないなどといった不満が生まれることは少なくありません。

また、音響設備が不十分で話が届きにくい、スライドを映写したいけれど適した場所が見当たらないなどといったトラブルも起こることがあります。

事前に訪問したときに設備面で問題が生じるリスクはないかを慎重に確認しておくのが肝心です。

当日になってから対応を講じるのは難しい場合が多いため、心配なら何度でも訪問して設備の確認を取るようにしましょう。

通常のウェディングとは予算が違う

ゲストハウスウェディングに興味を持ったけれどやはり断念したというカップルも少なからずいるのは確かです。

その最も大きな原因となっているのは式場に満足できなかったのではなく、予算的に無理だという判断になったケースが多くなっています。

高級な邸宅を一軒、丸一日貸し切りにするとなると費用面ではやはり一般的な結婚式場を使うのに比べて高くなりがちです。

ウェディングプランナーも自動的に専属の人が決まるわけ絵はないので、手配をすればその人件費もかかってしまいます。

通常なら式場と提携している業者を使えるので安上がりになるレンタル品や披露宴の料理も、個別に手配しなければならないので高くなってしまいがちです。

 

さらに、ゲストハウスはアクセスが悪い場所に立地していることも多く、当日はチャーターのバスを準備しなければならない場合がほとんどです。

この他にも演出にこだわれる分、そのためにかかる費用も大きくなってしまいがちになります。

結果として高級ホテルで挙式するよりも大きな予算が必要になってしまうこともあるのです。

ただ、ゲストハウスによって費用にもかなり違いがあるので、予算内に収められるところがないかを探してみましょう。

ゲストハウスで自由で魅力の大きな結婚式を挙げよう

ゲストハウスウェディングはプライベートな空間で、自由度の高い演出をしながら希望に沿った結婚式を挙げられるのが魅力です。

予算が高くなりがちな問題はありますが、一生に一度の機会だと考えて前向きに検討してみましょう。

ゲストハウスの選び方次第でどんな結婚式に仕上げられるかも違うので、慎重に選んで早めに予約しておくのが大切です。