一人旅にも女子旅にもおすすめ!思わず利用したくなるゲストハウスとは?

一人旅や女子旅を楽しむ人たちが増えています。

ホテルや高級旅館でのリッチな旅も良いものですが、ゲストハウスは宿泊費が安く済みますし、他の利用者との交流もできるので、一人旅や女子旅にはぴったりです。

札幌を旅する場合にも、ゲストハウスは重宝します。

では、一人旅や女子旅におすすめのゲストハウスとは、いったいどのようなところなのでしょうか。

一人旅にはぴったりのゲストハウス

ゲストハウスとは、基本的に食事のつかない素泊まり用の宿です。

トイレやバスルーム、台所などの水回りが共用で、ドミトリー(相部屋)に何人かで寝るタイプが主流です。

旅館やホテルのようにはプライバシーを保てませんが、その分宿泊費をとても安く抑えることができます。

ゲストハウスには交流スペースを設けているところが多く、宿泊客同士のコミュニケーションを楽しめるのも、メリットの1つとなっています。

年齢や性別、職業や国籍を問わず泊まれるため、外国人が利用する場合も多いので、国際交流をはかることも可能です。

一人旅は気楽なものですが、ときには心寂しくなることもあるでしょう。

その点ゲストハウスなら、いろいろな人たちとの会話を楽しめます。

お互いの経験談を共有できるので、次の旅のヒントとなることもあります。

このようにゲストハウスは安く泊まれるというだけではなく、一人旅にぴったりの宿泊方法だと言えます。

他の人との交流が苦手な場合は、個室のあるゲストハウスを選ぶようにしましょう。

また、深夜に到着したり、早朝に出発したりする予定があるなら、時間を問わずにチェックインやチェックアウトが可能なゲストハウスがおすすめです。

ゲストハウスを上手に活用し、一人旅をエンジョイしましょう。

女子旅にも安心なゲストハウス

女子旅

かつては男性のバックパッカーが主な利用客だったゲストハウスですが、最近は女性が安心して泊まれるゲストハウスも増えています。

男女共用のドミトリーだけではなく、女性専用のドミトリーを併設するゲストハウスも増加中です。

以前は安かろう、悪かろうというイメージもありましたが、古民家をリフォームしたり、おしゃれなカフェを設けたりと、女性が楽しめるようなゲストハウスもあり人気となっています。

ゲストハウスを選ぶときには、女性専用のドミトリーがあるかどうかと共に次の3点に注意して選択するようにしましょう。

iPhone

まず大事なのが、SNSの口コミを参考にするという点です。

ゲストハウスに限らず、旅館やホテルも実際に泊まってみないとわからないことが多いものです。

そのため利用者の口コミは、とても役に立つ情報だと言えます。

特に女性客の口コミは、女性の視点からの評価になるので重要です。

できるだけ女性の評価が高いゲストハウスを、優先して選ぶようにしましょう。

次に大事なのは、最寄り駅からのアクセスのしやすさです。

初めて訪れる場所は特に、道に迷わないようにするのが賢明です。

駅から近く、分かりやすい場所にあるゲストハウスがおすすめとなります。

夜道が寂しい場所にある場合は、十分気をつけましょう。

清潔

3つめのポイントは、できるだけ清潔なゲストハウスを選ぶということです。

外観はあまり重要ではありません。

実際に宿泊する施設の内部が清潔で、きれいであれば旅も楽しくなります。

いくら立派な外観をしていても、内部に汚れやほこりがあるようでは台無しです。

ある程度はHP上の写真でチェックできますし、SNSに投稿された写真から判断することもできます。

ベッド付近の設備(コンセントなど)も大事ですが、交流スペースや台所、シャワールームやトイレなどが明るくきれいなゲストハウスを選ぶようにしましょう。

一人旅・女子旅におすすめのゲストハウス

数多い札幌のゲストハウスの中でも、特に一人旅・女子旅におすすめのゲストハウスは次の5か所です。

なお、料金等は変動する場合があるので、利用の前に確認することをおすすめします。

縁家(えにしや)

 

この投稿をInstagramで見る

 

札幌ゲストハウス縁家さん(@enishi8)がシェアした投稿


「縁家(えにしや)」は、女将である荏原由記子(ゆきねぇ)さんが経営をするゲストハウスです。

縁家(えにしや)という名前は、人と人を縁で結ぶという意を込めて命名されました。オープンしたのは2009年4月17日で、中島公園から徒歩で7分とアクセスが容易です。

10階建てのマンションの1室にあり、女性の一人旅でも安心して泊まれるので人気となっています。

チェックイン後は門限が無いので、遅くまで札幌の夜を堪能できます。

女性専用ドミトリーがあり、洗濯機は1回100円です。

シャワールームはきれいですが、近くにある温泉銭湯「山鼻温泉」を利用するのもよいでしょう。

 

相部屋料金は2,500円~3,000円ですが、この料金は季節により変動します。

縁家は宿泊サイトには載せていないので、予約はHP上で行います。

連泊で割引が適用され、7連泊の場合は合計で18,500円です。

日程が決まっていれば中抜けも可能なので、上手に利用して北海道旅行を楽しみましょう。

なお、宿泊料金はチェックイン時に、現金で支払うというシステムとなっています。

コーヒーや紅茶、ウーロン茶は無料で、持込みもOKです。

アルコール類は有料です。

貴重品用のロッカーもあるので、忘れずに使用するようにしましょう。

台所にはレンジやトースター、調理器具や調味料などが完備しているので便利です。

 

縁家の詳細はこちら

Time Peace Apartment

 

この投稿をInstagramで見る

 

🔥 joyce ⛩さん(@fireshrine)がシェアした投稿


「Time Peace Apartment」は、札幌の歓楽街で有名な「すすきの」の外れにあるゲストハウスで、地下鉄「豊水すすきの駅」から徒歩で3分です。

築40年の古民家を改装し、2008年の9月に開業しています。

天井が一部吹き抜けという、開放感あふれる共有ラウンジが人気です。

素泊まりは1泊2,500円~3,800円で、男女混合ドミトリーと女性専用のドミトリーがあります。

女性専用ドミトリーは6人部屋となっていて、ベッドは木製の2段ベッドです。

共有ラウンジは24時間利用可能なので、他の宿泊客とのコミュニケーションを存分に楽しめます。

 

トイレやシャワールーム、キッチンは共有で、キッチンはラウンジの奥にあり、調理器具や冷蔵庫も完備しています。

また、部屋の中にはロッカーがあり、財布や貴重品を入れられるので一人旅でも安心です。

シャワールームは少々せまいですが、清潔なので気持ちよく利用できます。

スマホを利用する場合も無料Wi-Fiが使えるので便利です。

1つだけ注意が必要なのは、このゲストハウスにはフロントが無いという点です。

チェックインは隣にあるゲストハウス、「IGLOO」で行うので覚えておきましょう。

 

Time Peace Apartmentの詳細はこちら

IGLOO

 

この投稿をInstagramで見る

 

GLOBEさん(@wood_works_globe)がシェアした投稿


「IGLOO」は、先ほどの「Time Peace Apartment」と経営者が同じです。

建物は隣接していて、古民家をリノベーションしたという点も同じです。

IGLOOの正式名称は「IGLOO Dorm & Breakfast」で、壁は薄い青色をしています。

裏路地にあるので、迷わないように事前に場所は確認しておきましょう。

男女兼用ドミトリーと女性専用ドミトリーの他に、4人部屋とツインルームがあります。

女性専用ドミトリーの料金は2,600円~4,400円です。

トイレとシャワールームは共用で、部屋の外にあります。

 

宿泊料金はクレジットでもOKで、朝食は無料です。

チェックイン時に朝食の希望時間を伝える必要があるので注意しましょう。

IGLOOにはTime Peace Apartmentと違って部屋にはロッカーが無く、貴重品はレセプションの後ろのロッカーに保管します。

門限は21時で消灯は23時ですが、共有ラウンジやトイレ、シャワーは24時間使用可能です。

フェイスタオルは無料で、バスタオルは1回100円で利用できます。

洗面台は1階と2階にあり、1階には女性専用のパウダールームも用意されています。

全体的に明るい雰囲気のゲストハウスなので、女性の利用客にも人気です。

 

IGLOOの詳細はこちら

Ten to Ten Nakajima-Koen

カフェ
札幌にはTen to Ten系列のゲストハウスが2件あり、こちらは中島公園寄りのゲストハウスとなります。

Ten to Tenは、ホステルの持つ心地良さとホテルの持つ快適さを併せ持つホステルを目指して営業しています。

駅から5分という好立地で、ドミトリーの他にもファミリールームとツインルームがあり、一人旅にも家族旅行にも便利です。

女性専用ドミトリーは2人用で、シングルサイズの2段ベッドが用意されています。

料金は2,750円~4,750円です。

ドライヤーや歯ブラシ、バスタオルやハンドタオルが付いているのもおすすめポイントです。

Ten to Ten Nakajima-Koen
このゲストハウスは3階建てで、1階はフロントやカフェ&バー、2階と3階がドミトリーなどの宿泊スペースです。

女性専用ドミトリーは3階にあります。

男女共用ドミトリーは2階にあり、18人が寝泊まり可能で1番安く泊まれます。

女性専用ドミトリーが満室の場合など、利用するのもよいでしょう。

カーテンで仕切られるので、プライバシーは保てます。

ロッカーもあるので貴重品対策も万全です。

カフェは16時からバーとなり、北海道の地ビールやピザなどが楽しめます。

地下鉄「中島公園駅」から徒歩5分のこのゲストハウスで、快適な旅を満喫しましょう。

 

Ten to Ten Nakajima-Koenの詳細はこちら

Ten to Ten Sapporo Station

Ten to Ten Sapporo Station
「Ten to Ten Sapporo Station」は、札幌駅から徒歩約7分のゲストハウスです。

総部屋数は25室で、カフェ&バーやコインランドリーも用意されています。

ボディソープやシャンプー、リンスやドライヤーなどアメニティーも充実しており、まるでホテルのようなゲストハウスだと言えるでしょう。

女性専用ドミトリーは男女共用ドミトリーと同じく10人部屋で、料金も3,250円~5,500円と変わりません。

食事は付いていないので、地下1階のカフェ&バーか他のレストラン等を利用するようにしましょう。

Ten to Ten Sapporo Station
また、このゲストハウスには4人用の和室もあるので、一人旅だけではなく友人たちや家族と泊まりにくるのもおすすめです。

全館禁煙で、館内で喫煙をすると罰金10,000円が課せられるので注意が必要です。

また、ドミトリールームには19歳未満では宿泊できません。

カフェ&バーは8時~10時がモーニングタイムになるので、有料ですが朝食をとることが可能です。

バータイムは17時~23時で、Ten to Ten Nakajima-Koenと同じ様に北海道の地ビールやピザなどを味わえます。

札幌の玄関口に近いこのゲストハウスを利用し、札幌を遊びつくしましょう。

 

Ten to Ten Sapporo Stationの詳細はこちら

札幌のゲストハウスを活用して一人旅や女子旅を楽しもう

ホテルや旅館を利用する旅も良いものですが、ある程度の宿泊料金がかかります。

その点ゲストハウスなら、2,500円から3,500円ほどで宿泊することが可能です。

浮かせた宿泊料金を他のことに利用できるのが、ゲストハウスの最大のメリットです。

札幌は見どころが豊富な街なので、ゲストハウスを上手に利用してお金を節約し、札幌や北海道をさらに楽しむためにそのお金を活用しましょう。