札幌で行われている様々なボランティア活動、あなたも参加してみませんか?

ボランティア

札幌旅行の楽しみとは、いったいなんでしょうか。

観光やグルメなど、限りなく挙げられると思いますが、中にはちょっと変わったことにチャレンジしてみたい、と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方は、ボランティアに参加することをおすすめします。

札幌には、気軽に参加でき、そのうえ誰かの役に立つボランティアがたくさんあります。

札幌で行われているボランティア活動

点訳ボランティア養成講習会

点字

点字は6つの点を組み合わせて、文字や記号、数字、アルファベットを表します。

目の不自由な人は、点字を触って書かれている内容を指で読んでいきます。

点訳ボランティアは、活字で書かれている書籍や雑誌、新聞などの内容を点字にして伝えるボランティアです。

点字へ翻訳するだけではなく、点訳されたものを校正したり、点字データを編集したりなどといった活動も行います。

点訳ボランティアに参加するためには、講習会の受講が必須となります。

点訳ボランティア養成講習会は、札幌市の点字図書館にて定期的に開催されています。

点字の知識を身につけたい方は、一度参加してみるといいでしょう。

現在はパソコンを使用しての点訳が中心となっていますが、中には手作業で点字に直さなければならないものもあります。

1冊の本を点訳するには、数カ月もの時間がかかります。

少しでも多くの点訳本を視覚障害者へ届けるためには多くのボランティア参加者が必要です。

公園ボランティア

公園

札幌市公園緑化協会の管理する公園にて、ボランティアを実施しています。

歴史のある公園ではガイドボランティア、花壇やプランターが多く設定されている公園では花の管理や除草、水やりを行うボランティアなど、公園の特色に合わせたボランティア活動が行われています。

参加には活動を希望する公園を所管する土木部もしくはみどりの管理課に申し出る必要があります。

興味のある方は、各区の課所に問い合わせてみましょう。

札幌市動物愛護ボランティア

動物愛護

札幌市動物管理センターでは、札幌市動物愛護ボランティアを募集しています。

活動内容は3つの区分にわかれており、動物管理センターが行う動物愛護啓発行事に参加して来場者対応の補助などを行う啓発活動、保育園や小中学校などの教育施設にて動物とのふれあい方や命の大切さを教える教育活動、保護施設に収容された動物のケアを行うケア活動があります。

動物が好きな人にはおすすめのボランティアです。

札幌市食育ボランティア

食育

食育ボランティアでは、食育講話や生活習慣病予防講話、農業体験などの食育に関する活動のサポートを実施します。

食育は料理の知識や食事のマナー、農業技術など多岐にわたる分野で行われています。

その目的は、さまざまな経験を通して「食」に関する知識とバランスの良い「食」を選択する力を身につけ、兼山な食生活を実践できる力を育むことです。

食べることは生涯にわたって続く営みであるため、「食」の知識を身につけ実践する食育は子供にとっても大人にとっても重要です。

ボランティアを通して手に入れた知識を自分の子供に伝えたい、子供たちの役に立ちたい、農業の大切さを伝えたいなどの思いを持っている人にはもってこいのボランティアです。

健康的な食のあり方を考え、誰かと一緒に食事や料理をしたり収穫を経験したり、季節や地域の料理を味わったりして、食育の輪を広げていきましょう。

地域ぬくもりサポート事業

地域ぬくもりサポート事業
出典:札幌市公式ホームページ

 

 

地域ぬくもりサポート事業は、日常生活で支援が必要な障害者を支援するための、札幌市独自の事業です。

手伝うことのできる地域のサポーターと障害者をつなげ、地域の輪を広げていくことを目的として活動しています。

主な支援内容は学校などの送り迎えや買い物の付き添いなどの外出支援、掃除や料理を手伝う家事支援、子どもの遊び相手になってあげたり保育所や幼稚園への送り迎えをする育児支援などがあります。

1回1時間半程度を目安に支援を行うため、自分のライフスタイルを崩すことなく障害者の手伝いをすることができます。

専門的な知識は持っていないけれどちょっとした手助けをしたい、地域の方の笑顔のために自分の時間を役立てたい、そんな一人一人の優しい気持ちが、支え合いによって形作られる地域の輪を広げる助けとなります。

札幌市内で活動できれば市外に住む人も対象となるので、ぜひ参加を検討してみてください。

浜辺と海をきれいにする会

海

浜辺と海をきれいにする会は、石狩湾の浜辺と海の清掃活動を行うボランティア市民団体です。

参加者同士のコミュニティーを形成することと環境保護の意識を高めることを目的として活動を実施しています。

定期的な活動としては年1回毎年9月の第1週日曜日にごみ拾いを実施し、学生や企業から1000人近くの人が毎年参加しています。

美しい石狩湾の景観を守りたい方は、ぜひ参加を検討してみてください。

オイスカ

オイスカ
出典:OISCA

 

 

「すべての人々がさまざまな違いを乗り越えて共存し、地球上のあらゆる生命の基盤を守り育てようとする世界」を目指して、1961年にオイスカ・インターナショナルが設立されました。

オイスカは、オイスカ・インターナショナルの基本理念を具体的な活動によって推進する機関として1969年に生まれた公益財団法人です。

主な活動内容として、アジア・太平洋地域で農村開発や環境保全活動が挙げられます。

特に人材育成には力を入れており、各国の青年が地域のリーダーとなれるように研修を徹底して行っています。

 

国内では、農林業体験やセミナー開催を通しての啓発活動や植林および森林整備による環境保全活動を展開しています。

支部のある北海道・札幌市にスポットを当てた活動としては、地元に生まれた「名取市海外林再生の会」と協力しての海岸林再生の支援の実績があります。

直近の大きな活動としては、「子供の森」計画が挙げられます。

「子供の森」計画は、子供たち自身が学校の敷地や隣接地で苗木を植えて育てる実践活動を通じ、自然を愛する心や緑を大切にする気持ちを養うことを目的とした取り組みです。

活動を開始してから20年の月日が経った今もなお、活動は続けられています。

直接的な支援は難しくても、支援金を送ることで活動に関与することができます。募金に参加するなど、まずは簡単な支援からはじめてみるのも一つの手です。

北海道盲導犬協会

盲導犬

北海道盲導犬協会は、1970年の11月に設立されて以来、盲導犬の育成と視覚障害者への盲導犬貸与を中心に活動を行っています。

日本国内の盲導犬育成施設の中でも、唯一積雪地域に施設があるという厳しい条件を充分に活用し、冬の滑りやすい危険な道路状況でも安全に誘導する盲導犬の育成に成功しています。

1991年には生活訓練を開始し、点字訓練や白杖歩行訓練をして、自立した日常生活を送るための技術を視覚障害者へ提供しています。

近年では、総合的な視覚障害者リハビリテーション施設を目指して活動を続けています。

盲導犬の育成に協力するには、訓練士として直接的にかかわる以外にも、寄付や募金で支援する、という方法があります。

盲導犬を育成して希望者に貸与するためには、訓練費用や市街地の訓練場所に向かうための訓練車両の維持費など、莫大な費用が必要となります。

寄付や募金を行うことにより、間接的に盲導犬の育成をサポートすることができるのです。

「飛んでけ!車いす」の会

車いす

「飛んでけ!車いす」の会は、日本で使われなくなった車いすを集めて修理し、海外旅行をする旅行者の手荷物として、発展途上国の病院や施設に送り届ける活動を行うNPO法人です。

車いすを通じて国境を越えた相互理解を深め、障害のある人でも社会に参加できる場所を提供することを目的としています。

車いすの提供、引き取り、整備、送達などの支援を行えるほか、事務局ボランティアとして事務所を中心に支援を実施することもできます。

事務所での活動は、広報物の発送作業やパソコンへのデータ入力、書類整理などの簡単な作業から行えます。

特別なスキルはないけれど役に立ちたい、そんな人は事務所で働いてみるのもいいかもしれません。もちろん、寄付による支援も大歓迎です。

「飛んでけ!車いす」の会の魅力は、車いすを通して海外の人とも交流できることです。

実際に、車いすが届いたことに関するお礼の手紙がモンゴルから届いています。

国内だけではなく海外とも交流することができ、やりがいを感じることのできるボランティアです。

やさしさ・ジェントル

花畑

市立札幌病院ボランティアの会やさしさ・ジェントルは、1995年10月に市立札幌病院の移転新築と同時に活動を開始した団体です。

患者家族のふれあいを通じて、市民に愛される病院づくりを目的としています。

活動内容としては外来患者の案内や介護の手伝い、入院病棟のふれあい活動などを実施しています。

季節に合わせたイベント活動も実施しており、患者とその家族がふれあう時間を提供しています。

 

やさしさ・ジェントルでは、病院にある花壇やコンテナの花の管理も行っています。

シフトを組んで水やり、花の手入れ、草取りなどの作業を毎日行っています。

花壇には花の形のプレートにお手製の蝶のアクセサリーをつけるなど、ボランティア参加者の温かさを感じられます。

花壇は広くコンテナもたくさんありますが、メンテナンスなどの普段の活動は全体を3つにわけて分担して計画を立てて実行しているなど、ボランティア同士のつながりもかいま見ることができます。

ボランティアは随時募集しているため、植物が好きな人は参加してみてはいかがでしょうか。

札幌を中心に助け合いの心を

札幌にはたくさんのボランティアがあります。

どの団体も、その根底にあるのは誰かを助けたい、誰かの役に立ちたいという想いで活動を行っています。

もし旅行などで札幌に行く予定があるなら、ボランティアの参加を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

札幌を中心に集まった助け合いの心は、札幌市内にとどまらず、世界に届く大きなものになる可能性を秘めているでしょう。

外国人客が多く英語堪能なスタッフも多いゲストハウスは英語が身につく?

英語

札幌市のようにホテルだけでなくゲストハウスも宿泊施設として多く見受けられるエリアが多くなりました。

ゲストハウスを選ぶメリットとして英語力を高められるということが知られていますが、本当に利用するだけで英語が堪能になれるのでしょうか。

ゲストハウスとはどんなものなのかを理解し、英語力強化に有用かどうかを判断できるようになりましょう。

ゲストハウスってどんなところなの?

ドミトリー

ゲストハウスは共同宿泊施設で、様々な設備や備品を共有して寝泊りをする仕組みになっているのが特徴です。

ホテルのように個室が完備されていて宿泊者がそれぞれのプライベート空間を持っているわけではない場合が多く、二人前後の相部屋の寝室になっているケースが大半を占めています。

建物自体もアパートを改修したものや大きな邸宅をリフォームしたものが典型的で、寝室がたくさんある他にリビングやトイレ、キッチンやランドリールームなどが用意されている施設です。

トイレや風呂も宿泊者で共有し、キッチンについてもうまく融通しながら一緒に利用する形になっています。

このように設備を共有し、相部屋で寝泊りすることから宿泊費についてはホテルに比べると低い水準で、安く滞在したいという人から人気があります。

 

一方、ゲストハウスには管理のためのスタッフが常駐しています。

ホテルのようにフロントが設けられているのが通例で、そこでチェックインとチェックアウトの手続きや、宿泊中のトラブルの相談などを受け付けてもらうことが可能です。

当直のスタッフも数名いる体制が整えられていて、夜間や早朝に問い合わせが必要になった時にも対応してもらえます。

通常は共有スペースの清掃については定期的にゲストハウス側が行ってくれる仕組みになっていて、寝室についても宿泊者がいなくなるタイミングで清掃するのが一般的です。

ゲストハウスは日本ではあまり一般的ではない宿泊施設でしたが、だんだんと札幌や東京、大阪などの大きな都市で広まってきています。

ゲストハウスは外国人利用者が多い

外国人

ゲストハウスを利用すると英語力を高められると言われているのは、このように設備を共有し、相部屋で滞在するという特徴がある宿泊施設ということに加え、利用者として外国人が目立つからです。

日本ではあまり数も少なめで利用者も決して多くはないですが、欧米ではゲストハウスが昔からよく利用されてきました、バックパッカーが旅行に出かける、起業家が金策のために各地を回る、低賃金労働者が出稼ぎに行くなどといったときにはゲストハウスを利用するのがむしろ典型的で、各地に安価なゲストハウスがたくさんあります。

その影響で外国人が日本に旅行に行こうと考えたときにまずゲストハウスを探すということも珍しくありません。

日本でもゲストハウスの利用できる地域が増えていることも海外でよく知られるようになり、ますます外国人利用者が増えてきているのが現状です。

コミュニケーション

ゲストハウスにも様々なコンセプトのところがありますが、最もホテルに近い種類の場合でも必ず他の利用者とコミュニケーションを取らなければならないシーンに出くわすことになります。

寝室を個室で用意してくれているゲストハウスは部屋に入ってしまえばホテルに近いかもしれませんが、共有するのが風呂やトイレだけであれば大浴場しかないホテルを使うのと同じ感覚と思う人もいるでしょう。

しかし、シャワーが一つか二つあるだけで順番待ちになることも多く、使用中なら次に使わせて欲しいといった声がけをすることも大切になります。

寝室からトイレに行くにはリビングを通らなければならない間取りの場合もあり、簡単な挨拶をして一つ屋根の下で滞在している人として互いを認識し合うこともトラブル対策のために欠かせません。

 

外国人との相部屋になった場合には否が応でも会話をしなければならないのは明らかでしょう。

消灯時間をいつにするか、どっちのベッドを使うか、荷物の置き場をどうするかなどといった話は最低限でも必要になります。

お互いに信用できる関係を作ることも重要なので、積極的に話をして親睦を深めた方が安心して滞在できるのも確かです。

ゲストハウスを使い慣れている人ほど、ルームメイトとはよく話をして互いのことを知ろうという意識を持っている傾向があります。

英語が苦手な人と相部屋になった経験がある外国人もいるので、あまり話すのが得意ではないという人も相手の力を借りながらだんだんとコミュニケーションを取れるようになるでしょう。

リビング

積極的に英語を話す機会を手に入れようと思ったらリビングなどの共有スペースを使ってみるのが大切です。

リビングでテレビを観ていれば他の利用者が足を止めて一緒に観るということもよくあります。

その番組の内容を話題にしてみれば話も弾むでしょう。

キッチンを使うのも良い方法で、ただスペースを融通する上でのコミュニケーションが必要なだけでなく、作っている料理が何かという話をしたり、少しずつ分け合わないかといった展開になったりすることもあります。

滞在が長い場合には今度一緒に料理をしようといった話になるケースもあるので、深いコミュニケーションを取りたいと思ったらキッチンを使うのは魅力的です。

 

大抵の外国人利用者はゲストハウスで他の宿泊者と話をしようという意識を持っているので、自分もその姿勢を見せればすぐにでも会話を始められます。

ただ、誰もがそういう意識でゲストハウスを使っているとは限らないため、きちんと相手を見極めて話をするようにしましょう。

簡単な挨拶だけにして欲しいと思っている人もいれば、あまりゲストハウスに慣れていなくてホテルのように使う人もいます。

上手に相手を見極めてコミュニケーションを取るようにすると生きた英語力を育むことができるでしょう。

ゲストハウススタッフは英語が堪能!

英語

ゲストハウスで働いているスタッフは外国人利用者の対応をスムーズに行う必要があることからほとんどの人が英語を流暢に話せます。

もともとはあまり英語が得意でなかった人も仕事での必要に駆られて毎日使っているうちに、いつの間にか英語が堪能になってしまったというケースも少なくありません。

利用者としてゲストハウスのスタッフとも英語で話をしたり、うまく他の利用者とコミュニケーションを取れなかったときに相談したりすることもできます。

利用者同士が仲良く過ごせるようにするのもゲストハウススタッフの役割と定めている現場も多いので、悩みがあったときには気軽に打ち明けてアドバイスをもらいましょう。

スタッフ

一方、ゲストハウスの宿泊者としてではなく、アルバイトやボランティアとして働いて英語を鍛えるという方法もあります。

ゲストハウスでは部屋や共有スペースの清掃、フロント業務の補助などの様々な仕事を担ってくれる人材をよく募集しています。

近隣にあるゲストハウスならアルバイトとして雇ってもらい、賃金をもらいながら働くのも良いでしょう。

しかし、遠方にあるゲストハウスでボランティアとして働くという方法もあります。

ゲストハウスによって規定には違いがありますが、ゲストハウスの中に部屋を用意してもらえて住み込みで働けるのが特徴で、交通費と食事付きの対応になっているのが一般的です。

 

ボランティアとしてゲストハウスで働くと業務時間外は自由行動なので、その地域の観光をして楽しむことも、ゲストハウスの宿泊者と一緒にリビングで話をしても構いません。

仕事を通して外国人利用者と話をする機会があるだけでなく、宿泊したときと同じようにしてコミュニケーションを取る機会もあるのが魅力です。

費用負担が基本的にはないので長期的に働きやすく、まとまった期間を使って国内で英語力を高められる仕事をしたいと思ったら候補に挙げてみましょう。

気軽に国際交流ができるのがゲストハウスの良さ

一つ屋根の下で滞在するとしてもそれほど会話をする機会はないのではないかと思う人もいるでしょう。

引っ込み思案でなかなか自分からは話を切り出せないという人もいるかもしれません。

しかし、ゲストハウスの選び方次第ではもっと活発にコミュニケーションを取る機会があるので、誰もが気軽に国際交流を楽しめます。

ゲストハウスによってはイベントやパーティーを実施しているからです。

パーティー

代表的なイベントとして日本文化の体験が挙げられます。

折り紙やお茶、さらには着物体験などもよくあるもので、外国人利用者を集めるために実施しているのが一般的です。

その際に日本人利用者にも参加を促して日本文化を教える側として振る舞ってもらうという意図もあり、文化説明などを促してもらえることも少なくありません。

夏には花火、冬には雪だるま作りなどの様々なイベントが用意されているゲストハウスがあります。

バレンタインデーやハロウィーンなどにイベントを実施するケースも多いので、タイミングを見計らって宿泊するのも良い方法です。

 

パーティーについてもスタイルは色々ありますが、リビングやダイニングあるいは庭を使ってディナーパーティーをするのがよくあるパターンです。

また、カフェタイムにコーヒーやソフトドリンクと簡単なスナック程度を揃えてコミュニケーションの機会を設けていることもあります。

他の利用客やスタッフと話をするにはうってつけのタイミングで、参加者は皆、食事を片手に他の人と話をしようとして集まっているのが魅力です。

パーティー会場にいるスタッフに相談すれば他の利用客との橋渡しをしてもらうこともできるので、引っ込み思案な人も積極的に参加してみましょう。

ゲストハウスを使って楽しく英語力を高めよう

ゲストハウスは設備を共有し、相部屋で滞在するスタイルの宿泊施設で、他の利用者とのコミュニケーションの機会が豊富にあります。

外国人利用者が多いことからゲストハウスの利用は英語力を伸ばすのに適しています。

イベントやパーティーを通して国際交流を楽しみやすいゲストハウスも多いので、英語を話せる国際人になりたいと思ったらゲストハウスを積極的に利用してみましょう。

ゲストハウスの予約方法│電話とWEBならどっちがおすすめ?

予約

旅行を計画した時に迷うのがゲストハウスの予約方法です。

とりあえず予約できれば何でもOKな人も、せっかくだから予約の段階から旅行を楽しみたい人もいるでしょう。

もう手紙で予約する人はいないでしょうが、電話で予約するかWEBで予約するかという選択肢は常に存在します。

また意外なようですが直接ゲストハウスで予約するという方法もあるのです。

詳しく見てみましょう。

ゲストハウスの予約方法は3つ

ゲストハウスを予約する場合、次の3つの方法が考えられます。

 

・直接ゲストハウスへ行く

・電話予約

・WEB予約

 

それぞれ一長一短という部分がありますので、それぞれについて検討してみましょう。

直接ゲストハウスへ行く

徒歩

意外なようですがこれも予約方法の選択肢なのです。

仕事で札幌に出張した際にプライベートな旅行先として選んでみたいと感じた場合、気になったゲストハウスを訪れてみるのも悪くありません。

一部のゲストハウスでは、宿泊客以外でも利用できるカフェやレストランバーを設置していることがあります。

そうした施設を利用して気に入ったら、受付カウンターへ行って宿泊予約を入れてみると良いでしょう。

もちろん出張などではなく、旅行で札幌を訪れ別のホテルなどに宿泊していたとしても、札幌の街を楽しんでいる時にそうしたゲストハウスに出会うかも知れません。

リピーターとして札幌を訪れる人も多いので、こうした予約方法も考えられます。

 

 

また、北海道在住で札幌以外の街に住んでいる人なら日帰りで札幌を訪れることもあるでしょう。

そんな時に宿泊を伴う旅行で札幌に来たいと思ったら、直接ゲストハウスを探して訪れ予約を入れるのもいい方法です。

さらに旅行でそのゲストハウスに泊まって気に入ったら、その場で次回の旅行を計画し予約してしまうという方法もあります。

この方法をとったら、もう常連さんになってしまうかも知れません。

それもまた楽しいものです。

メリット

直接訪問して宿泊予約を入れる一番のメリットは、下見ができるということです。

ゲストルームの中までは見られませんが、大体の雰囲気はつかめるでしょう。

つまり期待はずれになるリスクを避けやすいということです。

カフェやレストランバーがオープンなゲストハウスなら、提供される食事の質もある程度判断できます。

また、ゲストハウスの近くにどんな施設があるのかも下見できます。

ゲストハウスで食べないならどんな店があるのかとか、近くにコンビニはあるのかとかが把握できていると心強いものです。

 

もちろん観光スポットへの交通の便や、イベントなどの情報が生で収集できるという点もメリットです。

地元のコンビニでしか売っていないイベントチケットというものもありますから、そうしたものを押さえておいて、その日程に合わせて旅行を計画するのも楽しいでしょう。

ドミトリータイプのゲストハウスなら、グループ旅行で4~6人ぐらいの部屋を貸し切ることも可能です。

そうした場合には下見役がいると旅行本番でスムーズな旅行が楽しめます。

下見で札幌を訪れてゲストハウスに直接赴いて予約するのが良いですね。

デメリット

何と言っても予約をするために、旅行先に一度は出向かないといけないということが大きなデメリットになります。

時間もコストも掛かりますから、初めて札幌に行くという人にはあまりおすすめできる方法ではありません。

第一日帰りでないのなら、予約のための訪問の際にはどこに泊まるのかという問題も発生します。

もちろんグループ旅行の幹事と下見役を買って出る場合は別です。

また、先に訪問してしまっていると、下見ができている分本番ではスムーズな旅行ができますが、新鮮味が薄れてしまうというデメリットを抱えてしまうかもしれません。

電話予約

電話

WEB予約に押され気味とはいえ、宿泊予約の王道である電話予約は人気の予約方法です。

メジャーなゲストハウスでは受付用のフリーダイヤルを準備しているところもあります。

ただ、メリット・デメリットという問題ではないのですが電話予約では注意すべき点が多いのも事実です。

これはWEB普及前なら常識だったことですが、それが普及してしまったために多くの人が油断してしまうことなのです。

まずキャンセルポリシーについて説明を受けても、それをメモしておかないことが意外にあります。

メールアドレスを伝えておけば、予約受付確認メールに書かれていますからまだ安全かもしれません。

これはデメリットと言うより注意力の問題なので、予約申込の際にはかならずメモを手元に置き、予約が終わったらメモした紙をどこかに貼り付け、同時にその内容をスマホにも入れて二重に管理しておきましょう。

メリット

電話予約のメリットは、ゲストハウス担当者の質問に答える形で手続きをすすめるだけで、内容に漏れのない予約ができるということです。

チェックインとチェックアウトの予定日に始まって、宿泊予定者の住所氏名・年齢性別などの個人情報に加え、参加人数や朝食夕食の予約、その他ゲストハウス独自のサービスの利用の有無など、必要な情報は全部向こうからたずねてくれます。

それと同時に、電話応対の様子からスタッフの人となりやゲストハウスの持つ雰囲気を感じ取ることもできるのです。

 

もし応対が今ひとつで雰囲気が悪そうだと思ったら、キャンセル料がかからない期間の間にキャンセルしてしまってもいいですし、申込み段階で断ってもいいでしょう。

せっかくの旅行なのですから、気分を害するようなところに投宿することはないのです。

電話予約の大きなメリットは、こうしたゲストハウススタッフたちの雰囲気を、会話から感じ取ることができることです。

また、電話というのは意外に背景音が入ってくるものです。

予約の際の通話がスムーズで、後ろから雑音が入ってこないようなゲストハウスであれば、静かで快適に過ごせる可能性が高くなります。

そうした判断がしやすいのも電話予約のメリットと言えるでしょう。

デメリット

これは予約する人にもよるのですが、電話で初めて会話する相手と長時間話さないといけないということが嫌な人もいるでしょう。

そうした人にとっては電話自体がデメリットになります。

SNS・SMSが普及したせいで、電話による会話が苦手だという人も増えているようです。

電話予約は一連の手続きが終わるまで電話を切るわけには行きません。

電話が苦手な人の場合は、WEB予約を選択したほうが精神的に楽だと言えるでしょう。

また、電話予約では担当者の個性が出やすいです。

良し悪しと言うより、担当者の滑舌が悪くて聞き取りにくいなどの問題が出ることもあります。

そうした場合、一旦電話を切ってWEB予約に切り替えましょう。

 

最初にキャンセルポリシーの件でお話したように、電話には記録が残りません。

ゲストハウスによってはメールや郵便で予約に関する案内を送ってくれることもありますが、必ずしもそれが行われるとは限らないのです。

ですから、電話で伝えた内容・伝えられた内容については必ずメモを取っておいて下さい。

特に受付時間に関する情報は重要です。

交通機関の遅れなどによってチェックインタイムに間に合わないような場合、かならず受付時間内に電話をして事情を説明しないと当日キャンセル扱いになる可能性すらあるのです。

WEB予約

WEB予約

WEB予約は新しい時代の標準的予約方法と言えるでしょう。

もうWEB予約に対応していない宿泊施設は稀ではないでしょうか。

WEB予約には2通りの方法があります。

予約する側からは特に意識する必要はありませんが、一応知識として知っておきましょう。

一つはゲストハウスが公式サイトで直接受け付けているものです。

これはゲストハウスごとのオリジナルな内容が設定できるため、独自のサービスに対する希望などを伝えやすいものです。

もう一つは旅行予約サイトなどを利用しているケースです。

この場合、予約サイトの標準的な内容でしか申し込みはできません。

 

いずれにせよ申込者のメールアドレスを記入することになりますから、申込内容に不備があったりゲストハウス側が疑問に思ったりした場合や、何らかの連絡が必要になった場合にはメールで連絡が来ます。

ですので、必ず申し込みサイトに書かれている連絡用メールの発信者アドレスを確認して、そのドメイン名(メールアドレスの@の後ろの部分)を迷惑メールや拒否アドレスから外し、ちゃんと受信できるようにしておいて下さい。

メリット

WEB予約の一番のメリットは24時間受付であることです。

もちろん対応する人がいる時間帯にしか応答はありませんが、自分の都合のいい時間帯に申し込んでおけば、受付が完了したタイミングで相手から返事があるので気楽です。

また、申し込みページ自体にチェック機能があって必須項目の入力漏れをその場でチェックしてくれることもメリットと言えます。

つまり、申込内容の不備が起こりにくいのです。

また申込内容や注意事項について、申込受付後メールで送信してくれるので記録漏れが起こりにくいこともメリットと言えます。

ですから、最低でもチェックアウトするまではそのメールを削除しないように注意しておいて下さい。

質問事項や不明点は申し込みフォームの自由記入欄に書いておけば、メールで回答してくれるでしょう。

電話が苦手な人でもこれなら安心して使えますね。

また、連絡の記録が両方に残るので、意思疎通が確実であることもメリットと言えるでしょう。

デメリット

WEB予約のデメリットはそれほど多くありません。

強いて言うなら、相手の雰囲気がつかみにくいことでしょうか。

WEB予約は紙の申込書に記入して郵送するのと似ています。

電話や対面申し込みとは異なり、申し込みを受け付けてくれる人の雰囲気は全く伝わってきません。

しかし、それは紙の申込書の時代と一緒なので、雰囲気をつかみたければ電話するなり訪問するなりすれば良いのです。

予約方法を選ぶのも旅の楽しみ

このように、ゲストハウスの予約と言っても複数の方法があります。

ストレスなく申し込むのが良いのか、予約の段階からコミュニケーションを楽しみたいのか、それは人それぞれです。

自分にとって一番楽しそうな方法で予約してみて下さい。

ゲストハウスはコミュニケーションを旅の楽しみの一つとして組み込みやすい宿泊施設ですから、そうしたことも参考になるでしょう。

外国人向けゲストハウスや国際交流ができる宿で海外気分を味わおう!

外国人

外国人向けゲストハウスや国際交流ができる宿で海外気分を味わおう!

人気の観光地である日本には、世界中からさまざまな人が旅行に訪れます。

国内で国際交流をしてみたい方には、滞在者同士が知り合うきっかけが多いゲストハウスやホステルがおすすめです。

なかには、交流をうながすためのイベントを企画している宿もあります。

国内で気軽に利用できる、ゲストハウスやホステルをご紹介しましょう。

UNPLAN Kagurazaka

 

この投稿をInstagramで見る

 

Reluxデザインさん(@relux_design)がシェアした投稿


UNPLAN Kagurazaka は神楽坂と新宿にあるホステルです。

2016年に神楽坂店がオープンし、2017年に新宿店がオープンしたばかりです、新しくてスタイリッシュ、清潔感溢れる建物が人気を呼んでいます。

そのため、国内外から多くの宿泊者が訪れて、長期滞在する方もいます。

部屋は女性専用、男女混合のドミトリーから、家族用、ダブルベッドの個室と三つのタイプから選べます。

どのタイプもwi-fiはもちろん、充電や収納にこだわった作りになっており、快適さも人気の理由のようです。

またスタッフの対応も良好なことから、口コミサイトでも高評価を受けています。

その分予約がとりにくいので、注意しましょう。

 

カフェやバーなども完備されており、ゆっくりくつろいだり、パソコン作業に専念できる環境もととのっています。

カフェでは、野菜たっぷりのヘルシーな食事や、こだわりのコーヒーが飲めます。

バーでは、ゆっくりと国内外のお酒を楽しむことができます。

他の宿泊者と交流を持ちたいのなら、ぜひこうしたカフェやバーなどを利用してください。

パーティーを開くことができるプランもあるので、相談してみましょう。

 

さらに、希望者向けにさまざまなツアーやイベントが企画されています。

例えば、浅草ツアーでは浴衣を着て、観光スポット巡りを楽しむことができます。

また、富士山の近くまでバスで行くツアーも用意されています。

こうしたツアーに参加すれば、さらに国際交流のチャンスが広がります。

都心に滞在するだけでなく、国際交流に興味があるかた、英語など語学力を鍛えたい方にもおすすめのホステルです。

18歳以下はご利用できません。

WIRD HOTEL ASAKUSA

 

この投稿をInstagramで見る

 

Keiさん(@xkeik0x)がシェアした投稿


WIRD HOTEL ASAKUSAは、スタイリッシュで美味しいカフェメニューを提供することで有名なWIRED CAFEが手掛けた注目のホステルです。

浅草の真ん中という好立地だけでなく、デザイナーとコラボした個性的な部屋も人気の理由です。

2017年にオープンしました。部屋はそれぞれドミトリークラス、スタンダードタイプ、スーペリアルームに分かれています。

また、部屋によってデザインが違います。

それぞれの部屋で宿泊費が大きく異なるので、あらかじめ確認してください。

フリースペースも充実しています。

何といっても特徴的なのは、同じ建物にさまざまな施設が併設されているところです。

WIRED CHAYAでは、WIRED CAFEならではの充実したカフェメニューが味わえます。

特に、日本の代表的な食べ物、米にこだわった丼メニューに特徴があります。

さらに、夜にはバーにもなります。国際交流をしたい方は、積極的に利用しましょう。

また、クラブイベントや浅草ツアーなども定期的に行っています。イベントについてはFacebookをチェックしておきましょう。

 

さらに、同じ建物には浅草をテーマにしたミュージカルや演劇を楽しめる「浅草九劇」もあります。

外国の方といっしょに、日本文化に触れるとまた違った角度で見られるかもしれません。

カオサン東京サムライ

 

この投稿をInstagramで見る

 

chyaa_ymkさん(@chyaa_ymk)がシェアした投稿


カオサン東京サムライは東京だけでなく大阪や京都など、全国的に展開しているチェーン店のホステルです。

全室がドミトリーになっていて、リーズナブルな値段と、アクセスの良さが人気の理由です。

ベッドだけでなく、共用スペースも和風に仕上げており、おしゃれなデザインになっています。

また、24時間の共有キッチンがついているので、自炊をしながら滞在することもできます。

料理は、他の宿泊者と交流できるきっかけにもなります。

国際交流を希望される方は、ぜひ利用してみてください。

 

また、キッチンを活用したイベントも定期的に開催されているようです。

例えばタコヤキパーティーや流しそうめんパーティーなどが紹介されています。

さらに、ダルマ作りや折り紙などの手芸イベント、三味線や落語のイベントなども開催されているようです。

異文化交流で盛り上がりたい方は、こうしたイベントもチェックしましょう。

 

さらに、浅草へのアクセスはもちろん、つくばエクスプレス浅草線、銀座線も利用することができます。

ホステルで仲良くなった人たちを誘って、出かけてみてはいかがでしょうか。

グリッズ日本橋イースト

 

この投稿をInstagramで見る

 

GRIDS NIHOMBASHI EASTさん(@grids_nihombashi_east)がシェアした投稿


グリッズ日本橋イーストは風情が残る東京、日本橋に建てられたホステルです。

立地が良くアクセスに便利で、成田空港や羽田空港から直接向かえるところも人気の理由です。

部屋のタイプは四つあり、二段ベッドが並ぶドミトリータイプ、カーテンで区切られた半個室タイプのドミトリータイプと、家族で利用できるプライベートファミリータイプ、完全個室のプライベートスーペリアタイプがあります。

 

共有スペースも充実しており、机と椅子のあるロビーや、ミニキッチンがあるコモンルームは24時間使えます。

また、外国人向けに、日本の文化を紹介するイベントも定期的に開催されているので、国際交流に参加したい方は確認しておきましょう。

希望者には、朝食ビュッフェのつくプランも用意されています。

また、日本橋なので、周辺には日本食を気軽に食べられるお店が立ち並んでいます。

 

口コミサイトによれば、スタッフの対応にも定評があります。

ホステルで知り合った外国の方と日本橋グルメを楽しみたい場合には、相談してみてはいかがでしょうか。

IRORI Nihonbashi Hostel and Kitchen

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kazuki Ishigamiさん(@kazuki_ishigami)がシェアした投稿


IRORI Nihonbashi Hostel and Kitchenは歴史の残る日本橋、馬喰町の近くにあるホステルです。

名前のとおり、ラウンジに囲炉裏と大きなキッチンがあります。

囲炉裏ではさまざまな食材を焼いたり、鍋にしたりして食べることができます。

また、キッチンでは宿泊者が持ち込んだ食材で料理することができます。

さらに、地方から取り寄せた日本酒や干物なども食べることができます。

外国の宿泊者とも交流を深めるチャンスです。

 

部屋はドミトリーのみで、セミダブルベッド、二段ベッド、女性専用フロアなどがあります。

各フロアには机と椅子も用意されているので、パソコンを持ち込めば作業をすることもできます。

特に木造のベッドはこのホステルの自慢で、人気のベッドのようです。

旅行をしたいなら、スタッフが相談にのってくれるのも、このホステルの人気の理由です。

知り合った宿泊者と遠出をしたい場合には、スタッフに気軽に声をかけてみましょう。

予約をしておけば、自慢の囲炉裏で焼いた干物がついてくる朝食が食べられます。

こちらも利用してみてください。

WISE OWL HOSTELS TOKYO

 

この投稿をInstagramで見る

 

Stayway -Girl’s Travel media-さん(@stayway_girls)がシェアした投稿


WISE OWL HOSTELS TOKYOのある八丁堀は、東京駅周辺や浅草にもアクセスが良く、東京を観光するには抜群のロケーションと言えるでしょう。

そのため、外国の宿泊者が多く利用しているようです。

名前にOWLがつくように、さまざまな場所にアーティストによるフクロウのイラストがあります。

夜遅くまでの観光客を歓迎するのが、このホステルのコンセプトのようです。

 

部屋は個室タイプと、ドミトリータイプとに分かれてます。

女性専用のドミトリーも用意されているので、そちらもチェックしてみてください。

木造を基本とした和のスタイルで、各所に和にこだわったデザインがほどこされています。

また、共有キッチンもあるので、自炊の方はそちらを利用してください。

 

こちらのホステルの自慢は、夜まで開いているバーやこだわりのおでんを出すカウンター、朝早くに開くカフェなどが充実していることです。

宿泊者と仲良くなったり、国際交流を楽しみたい方はバーやカフェを利用しましょう。

屋外にもベンチがあり、宿泊者同士が深夜まで会話が弾むことも人気の理由の一つのようです。

GRIDS秋葉原

 

この投稿をInstagramで見る

 

ハリネズミさん(@harinezumi358)がシェアした投稿


GRIDS秋葉原は海外からの観光客に人気の高い、秋葉原駅の近くにあります。

ドミトリータイプ、ファミリールーム、プライベートルームに分かれています。

ドミトリータイプは、二段ベッドから、カーテンで分けられた個室のタイプがあります。

また、男女別に分かれているので、セキュリティ面でも安心です。

ラウンジにはソファが置かれており、ゆっくりとくつろぐことができます。

 

イベントやカフェ、バーなどで宿泊者同士の交流を行うのは難しいですが、このドミトリーの魅力は何と言ってもアクセスの良さにあります。

アニメ文化を目的に日本に訪れる海外観光客は多いので、そうした方と共通の話題で盛り上がってみてはいかがでしょうか。

一緒に遊びに行けるチャンスにもなります。

また、アクセスも良く、さまざまな場所に遠出できるのも秋葉原の魅力の一つです。

ゲストハウスWASABI

 

この投稿をInstagramで見る

 

Masahiro Takeiさん(@takeimasahiro)がシェアした投稿


ゲストハウスWASABIは日暮里、名古屋、京都、大阪のそれぞれにあるチェーンのゲストハウスです。

日暮里では和を意識したデザインと、木材を使った部屋が人気のようです。

三名まで宿泊できる個室と、ドミトリーとに分かれています。

個室では、畳敷きの部屋も利用することができます。

女性に向けたアメニティが充実しており、フロントに頼むと美顔器などを貸してくれますまた、ホステルにはめずらしく大浴場もそなえており、ゆったりと湯船につかることが宿の自慢です。

また、浴衣もレンタルしています。

 

こちらでは、宿泊者同士の交流のために、各種のイベントも用意しています。

例えば、餅つき大会や隅田川の花火祭り、ひな祭りイベントなどが挙げられます。

国際交流を楽しみたい方は、ぜひこちらを利用してください。

さらに、宿泊者は無料で参加できる都内の観光ツアーも用意されています。

こうした催しものはFacebookで告知されているので、必ずチェックしておいてください。

エンブレムホステル西新井

 

この投稿をInstagramで見る

 

Takutoさん(@takuto_44)がシェアした投稿


エンブレムホステル西新井は、金沢や箱根にもあるエンブレムホステルの系列店です。

建物が新しく、おしゃれで開放的な雰囲気が人気です。

充実したカフェやバー、オープンテラスなどもあります。

また、西新井よりアクセスも近いという好立地です。

部屋はドミトリータイプと、個室タイプとに分かれています。

個室タイプでは、二人で宿泊することもできます。

昼はランチもとれるカフェがあり、宿泊者以外でも多くの人が利用しています。

ディナーには、自慢のこだわりハンバーガーが提供されます。

また、シェアキッチンも完備されています。

 

さらに、自慢のオープンテラスではBBQもすることができます。

宿泊者同士仲良くなったら、BBQパーティーを開くのもいいかもしれません。

また、カフェはイベントスペースにもなるので、ライブイベントなどがあれば参加してみてください。

提携するフィットネスジムもあるので、運動不足の方にもおすすめです。

エンブレムホステルのコンセプトは、「コネクト」(つなげる、つながる)です。

そのため、外国からの観光客を東京観光に案内するだけでなく、宿泊者同士の交流イベントも行っています。

国際交流に興味のある方は、どのようなイベントが開催されているか確認してみてください。

京都ケイズハウス

京都ケイズハウス
出典:Booking.com

 

京都ケイズハウスは、全国の各所にあるケイズハウスの系列にあり、京都でも屈指の大きなゲストハウスです。

個室とドミトリーとに分かれており、個室のなかには畳敷きの部屋があります。

キッチンやラウンジ、談話スペースなどの共有スペースも充実しています。

また、一階にはカフェとバーがあります。

朝には、こちらでワンコインの朝ごはんを摂ることができます。

また、夜には京都の地ビールやスムージーのほかに、ピザやスパゲッティなどの軽食も摂ることができます。

宿泊者同士の交流の場になっているので、積極的に利用してください。

このゲストハウスの人気は、その立地にあります。

京都駅から直接、徒歩で行くことができます。

京都に不慣れな方には、ぴったりなゲストハウスと言えるでしょう。

また、電車を利用することができるので、京都から移動するにも便利なゲストハウスです。

京都方面を旅行したい方には、おすすめのゲストハウスです。

ゲストハウスやホステルを利用して国際交流!

ゲストハウスやホステルを利用すると、現地での観光を楽しめるだけでなく、海外からの観光客と国際交流するきっかけになります。

海外に興味がある方、国際交流に関心がある方は、ぜひこうしたゲストハウスや宿を滞在先として利用してみてください。

また、イベントなども積極的に参加してみましょう。

思わぬ出会いのきっかけになるのではないでしょうか。

大人数でも泊まれる国内ゲストハウスまとめ

大人数

安価に宿泊できることから、日本でも旅行の際に利用する人が増えているのがゲストハウスです。

しかし、ゲストハウスというと1人での利用や少人数での利用がメインで、大人数で泊まれるところはまだ少ないのが現状です。

そこで、大人数でも泊まることが出来る国内のゲストハウスをピックアップしましたので紹介していきます。

大人数で利用の際は事前に確認を

電話

ゲストハウスというのは、主に二段ベッドに寝泊まりする安価な宿泊施設のことを指します。

元々は欧米でバックパッカー向けに提供されている宿泊施設で、日本ではあまり馴染みのないものでした。

しかし、近年外国人観光客の数が増えてきたこともあり、日本においてもゲストハウスやそれに近い形の安価な宿泊施設が増えており、外国人だけではなく日本人でもゲストハウスを利用する人が多くなっているのです。

食事の提供がなかったり、アメニティーなどが用意されていないのですが、サービスを削っている分安価なので、宿泊費を削って観光に回したいという人には最適となっています。

最近では女性専用のゲストハウスも増えており、男女問わず利用者が多いです。

 

このゲストハウスというのは、基本的に少人数で利用することが多い宿泊施設です。

ゲストハウス自体が小規模で運営されていることが多いですし、相部屋スタイルの場合も狭いことが多く、個室タイプのゲストハウスも大人数に対応しているところは多くありません。

また、大人数に対応しているゲストハウスであったとしても、その日の予約状況などによっては利用することが出来ないケースも少なくありません。

大人数でのゲストハウスの利用をしたいという場合には、事前に大人数での利用が可能なのかどうかをよく確認して、その上で宿泊予約をすることが必要です。

人数が多い場合は貸し切りも検討しよう

貸し切り

ゲストハウスを友人や家族などと一緒に利用したいという人もいるでしょう。

4人程度であればほとんどのゲストハウスが問題なく対応してくれるのではないでしょうか。

しかし、利用人数が8人や10人などといったように大人数になった場合は注意が必要です。

10人以上利用することが出来るゲストハウスであったとしても、予約がすでに埋まってしまっている場合などは10人利用するなどといったことは不可能です。

 

では、大人数を利用する場合にはどういう方法を使うのがベストなのかですが、まずは利用人数を確定させた上で利用したい人数以上に対応している利用したいゲストハウスに問い合わせをするという形でしょう。

しかし、利用可能最大人数に近い人数で利用したいという場合には普通に予約をするのではなく貸し切りでの利用も検討する必要があるでしょう。

もちろん、貸し切りでの利用が不可能なゲストハウスもありますが、予約の空きさえあれば貸し切りに対応してくれるケースも多いです。

 

ゲストハウスを貸し切りにすることによって、様々なメリットが得られます。ゲストハウスでは共有の設備を利用することがほとんどです。

お風呂はないゲストハウスが多いですが、シャワールーム程度なら用意されているケースも少なくありません。

シャワールームも数が限られているため、利用するためには順番を待たなければいけないこともあります。

しかし、貸し切りであれば他の宿泊者のことを考えなくても自由にシャワールームを利用することが出来るので、ゆっくり使うことが出来るのです。

キッチン

また、ゲストハウスでは自炊用のキッチン設備がある所も多いです。

他の宿泊客がいる場合には、キッチン設備を譲り合いながら利用しなければなりません。

一緒に共同で料理をするなどといった楽しみもゲストハウスならではではありますが、抵抗がある人も多いでしょう。

しかし、貸し切りならそういった心配も必要ありません。

また、夏場や冬場などはエアコンの使用も他の宿泊客に気兼ねすることなく好きな設定温度に出来るのです。

 

貸し切りにする最大のメリットは、他の宿泊客がいないということですが、これはゲストハウスだとよりメリットに感じる人が多いかもしれません。

というのも、ゲストハウスの利用者は9割ほどが外国人だと言われています。

英語などができれば良いですが、コミュニケーションを取るのが難しいケースも多いですし、文化なども違うので相手にとっては普通でも日本人にとっては嫌な気持ちになることもあるかもしれません。

貸し切りならそういった心配は不要なので安心して利用することが出来ます。

また、貸し切り料金などを設定しているゲストハウスの場合であれば、通常の利用方法よりも安価に利用することが出来る場合もあるので、ただでさえ安価なゲストハウスをより安価に利用することが出来るかもしれません。

大人数でも利用可能なゲストハウス

大人数でも利用可能なゲストハウスを探しているけどなかなか見つからないという人も多いでしょう。

ここでは実際に大人数でも利用することが可能なゲストハウスをピックアップしましたので参考にしてみてください。

ゲストハウス ホコロビ(福岡県福岡市)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hokorobiさん(@guesthouse_hokorobi)がシェアした投稿


ゲストハウス ホコロビは、福岡県福岡市にあるゲストハウスです。

天神から地下鉄で15分、福岡空港や博多駅からのアクセスも便利な好立地です。

ルームタイプは、ドミトリールームが男女共用のものと女性専用ドミトリーのもの4~6人サイズです。

1人から2人で使用することが出来るツインルームもあります。

1泊から1週間以上の長期滞在にも対応しています。

チェックインは14:00~22:00、チェックアウトは11:00で、6歳以上から利用することが可能です。

 

無料設備は洗濯機や鍵付きロッカー、冷蔵庫や電子レンジなどを含むキッチンなどです。

もちろんWi-Fiも無料で全部屋繋がります。

ドミトリールームは最大6人までなので、1部屋6人までであれば予約が可能です。

部屋数は複数あるので、別部屋で良ければさらに大人数でも利用することが出来るでしょう。

 

ゲストハウス ホコロビの詳細はこちら

GuestHouse Geragera(兵庫県神戸市)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Akemi Tanakaさん(@toy____9)がシェアした投稿


GuestHouse Gerageraは、兵庫県神戸市にあるゲストハウスです。

山陽西舞子駅や朝霧駅から徒歩圏内のアクセス便利な海沿いにあるゲストハウスとなっています。

こちらのゲストハウスは、3つのドミトリータイプの部屋があり女性専用の部屋もありますし、それぞれの部屋は貸し切りが可能です。

最も大きい部屋は10人部屋となっていますので、大人数での利用にも最適です。

 

このゲストハウスは、ゲストハウスとしてだけではなくレストランなどもあり明石海峡大橋を一望しながら食事を楽しむことも出来ます。

また、バーベキューの施設もあり予約しておけば炭から食材までバーベキューに必要なものをすべて用意してくれるので手ぶらで行ってもバーベキューを楽しむことが可能です。

また、ゲストハウスの前はプライベートビーチで、バーベキューだけではなく釣りやパーティーなども楽しめるため、様々な活用方法があるゲストハウスとなっています。

 

GuestHouse Gerageraの詳細はこちら

ゲストハウスUBUD(静岡県賀茂郡)

ゲストハウスUBUD
出典:ゲストハウスUBUD

 

ゲストハウスUBUD(ウブド)は、静岡県賀茂郡にあるゲストハウスです。

電車の場合、下田や修善寺から堂ヶ島行きのバスなどを利用するのが一般的です。

ゲストハウスUBUDは、建物1棟ごとの貸し出しをしているのが特徴となっています。

1棟最大で8人まで(追加料金を支払えば1棟に10人まで利用可能)宿泊することが出来ますので、2棟貸切れば16人まで利用することが可能です。

利用料金も1棟ごとなので大人数になればなるほど1人あたりの宿泊費用が押さえられるのでグループでの利用が人気です。

一括貸切りで割引などもあります。

また、1棟貸し切りなので小さいお子さんのいる家族連れなどの利用も多くなっています。

 

1棟ごとにトイレやお風呂などの設備もありますので、1棟だけの利用でも他の宿泊客に気を使う必要はありません。

屋外に設けられたデッキではバーベキューを楽しむことが出来ますし、夏場に海水浴を楽しむ場合は休憩をするのにも便利です。

ゲストハウスの目の前がビーチで、長さわずか100メートル程ですが小さな湾になっており穏やかかつ透明度が高い水質なので、シュノーケリングなども楽しむことができます。

 

ゲストハウスUBUDの詳細はこちら

Ten to Ten Nakajima-Koen(北海道札幌市)

tentoten中島
Ten to Ten Nakajima-Koenは、北海道札幌市にあるゲストハウスです。

中島公園駅から徒歩5分の好立地にあります。

部屋のタイプが豊富で、18人部屋の男女兼用ドミトリールームから、女性専用のドミトリールーム、ゲストハウスでは珍しいファミリールームやツインルームも用意されています。

カフェアンドバーも併設されており、オリジナルブレンドコーヒーや地ビール、ピザなどを楽しむことが可能です。

 

大人数での利用は、9台の2段ベッドがあるドミトリールームを利用することになります。

ドミトリールームはゲストハウスでは珍しいポッド型デザインで個室のように利用することが出来ます。

ウェルカムドリンクサービスがあったり、歯ブラシやバスタオルといったアメニティー類も充実しているのがこのゲストハウスの特徴と言えるかもしれません。

 

Ten to Ten Nakajima-Koenの詳細はこちら

Ten to Ten Sapporo Station(北海道札幌市)

Ten to Ten Sapporo Station
Ten to Ten Sapporo Stationは、北海道札幌市にあるゲストハウスです。

札幌駅から徒歩6分の場所にあり、札幌で最大級のゲストハウスとなっています。

札幌で最大級のゲストハウスらしく部屋のタイプは超豊富で、ホテル顔負けの個室タイプとなるスーペリアダブルルームを筆頭に個室タイプが充実しており、6人まで利用できるファミリータイプもあります。

また、ゲストハウスでは珍しい和室タイプの部屋もあり、外国人からの人気が高いです。

 

カフェアンドバーも併設されており、モーニングとバータイムがあるので出かける前のコーヒーや寝る前のアルコールまで楽しめます。

毎週末に開催しているマルシェや各種イベントも充実しているため、このゲストハウスだけでも旅を楽しむことが出来るでしょう。

 

Ten to Ten Sapporo Stationの詳細はこちら

大人数でもゲストハウスを

ゲストハウスは日本ではまだまだ新しい文化ではありますが、安価に宿泊をしたいという人にとっては非常に有効な手段です。

今回紹介したゲストハウスのように、大人数にも対応しているゲストハウスも増えてきています。

大人数だからとゲストハウスの利用を諦めるのではなく、利用できるところを探してみるのも良いのではないでしょうか。